大掃除の手順やスケジュール、やり方、裏技などを紹介


by ebos8

カテゴリ:方法( 6 )

毎年、11月くらいになると、年末年始に向けた準備が始まります。
例えば、年賀状の販売が始まったり、クリスマス商戦が始まったり
と、誰もが年末年始を意識するようになる時期なのです。

年末年始を意識するようになると、思い出されるのが「大掃除」。
『今年こそ、きちんと大掃除しよう』なんて声が聞かれるのも、
11月くらいからですね。

年内にしっかり大掃除を終えて、達成感とすがすがしい気分で、
新年を迎えるためには、ちょっとしたコツがあります。

それは、手順とスケジュールの確認です。
大掃除では、効率が良く掃除ができる手順と、年内に終えるための

スケジュールが大切です。
もちろん、計画倒れにならないように、実行する【やる気】も
大切なんですけどね。

年末年始は、何かと忙しく、大掃除が後回しになってしまう
ことも多いようです。

大掃除のために、1日用意するとしても、その1日で終わるように
するには、下準備をしておくことも必要です。

下準備は、コツコツ行っても大丈夫なことですから、自分や家族の用事と
空いている時間のスケジュール調整をして、こまめに行っていきましょう。

大掃除の下準備は、捨てるものと残すものを分け、捨てるものは
捨てておくことです。
また、大掃除で使う道具、洗剤を買い足しておくことも忘れずに。

楽天で掃除用具の売れ筋ランキングを見てみる
きっと大掃除に役立つ掃除グッズが見つかりますよ♪

さて、大掃除を行う時には、まず一番最初に、ほこりを落とします。
天井から床に向かって行っていきましょう。

家中のほこりを落とし、ゴミを取り除いたら、漬け置きが必要になったり、
乾燥が必要になったりすることからはじめます。

例えば、油汚れがひどい五徳や換気扇の漬け置き、
フローリングワックスの乾燥などがありますね。

漬け置きしたり、乾燥させたりしている間は、
他の部屋の掃除をするなどして、時間を効率的に使いましょう。

一般的に大掃除と言うと、『今日は大掃除の日』と言った感じで、
家族総出で、1日中掃除をするイメージがありますが、
実際には、下準備の日を数日取って、キッチン、風呂、洗面所、
トイレ、窓ガラス、フローリングなどのように場所ごとに
大掃除をする日を決めて行うことが多いようです。

スケジュールを決めて行うことで、無理なく大掃除を行うことが
できるのでしょう。

今年こそは大掃除をきちんとしようと思っている方は、
まず、自分のスケジュールとにらめっこして、
何日に、どの掃除をするといいのか、ゴミ捨ての日などとも絡めて、
よく考えてみるといいでしょう。
[PR]
by ebos8 | 2010-12-26 22:27 | 方法

大掃除を代行してもらう

自分では、大掃除できないと言う方は、ハウスクリーニング業者や
家事代行サービスなどを利用して、大掃除を代行してもらうのも、
ひとつの手段でしょう。

ハウスクリーニング業者や家事代行サービスの多くは、
10月あたりになると、年末のキャンペーンを始めたり、
大掃除プランを行ったりしています。

業者に大掃除を代行してもらおうとお考えの方は、遅くとも
11月くらいには、検討しておきたいですね。

例えば、ダスキンでは、対象メニューから組み合わせを選べて、
しかも定額でやってもらえるキャンペーンがあります。

普通、ダスキンのハウスクリーニングでは、汚れ度合いによって、
料金が変わってくることもあるのですが、キャンペーン中であれば、
汚れ度合いに関係なく定額。

自分ではもう手がつけられないキッチンの油汚れを抱えている方にも、
おすすめですね。

家事代行のアシストでは、年末の大掃除を依頼した場合、
1時間スタッフ1名5000円のキャンペーンを行っています。

ハウスクリーニングをしてもらうほど、手がつけられない汚れ
というわけではないけど、大掃除をお願いしたいと考えている方には、
お手ごろな価格で利用できそうですね。

他にも、ハウスクリーニング業者や家事代行業者が、いろいろと
大掃除のキャンペーンを行っています。

手がつけられない汚れがある、分解してしっかり掃除してもらいたい
などの場合は、ハウスクリーニングを、普段の掃除をちょっと
グレードアップした程度でOKといった場合や、なるべく安くすませたい
と言った場合には、家事代行業者を利用するといいでしょう。


プロのお掃除でお部屋をピカピカに☆《 ズバットハウスクリーニング比較 》

[PR]
by ebos8 | 2010-12-17 17:08 | 方法

大掃除の裏技

何かと面倒な大掃除。いい裏技はないかしら、とお思いのあなた。

買わなくても済むリサイクル掃除道具から、傷をつけない掃除方法、手軽にできる
掃除方法まで、取って置きの裏技をご紹介しましょう。

大掃除の役に立ててくださいね。

捨てずに取っておくと、掃除に役立つゴミ
割り箸、使い古しの歯ブラシ、伝線したストッキング、穴の開いた靴下、
よれよれのTシャツなどは、取っておくと、大掃除で、大活躍します。

割り箸や歯ブラシは、細かい部分の掃除をしやすくするアイテム。
割り箸は、傷をつけたくないけど、汚れがこびりついている部分の汚れ落としにも使えます。

伝線したストッキングは、針金ハンガーにかぶせて、ほこり取りに使用したり、
手にはめてブラインドをこすることで、ブラインド掃除を簡単にしたりします。

穴の開いた靴下やよれよれのTシャツは、小さく切って、使い捨て雑巾に。
寒い冬は、雑巾を洗わなくてもいいと思うだけで、掃除がはかどる人も多いのではないでしょうか。

こんなことでも十分きれいになります
・キッチンシンクは、使い終わったラップに中性洗剤をつけて洗うと傷つきません。

・雨が降った後は、網戸が濡れているので、汚れも落ちやすくなっています。
 ぬれた状態の網戸をブラシや雑巾でこすれば、網戸掃除完了です。

・浴室のドアについてしまった頑固な湯垢には、洗剤をかけ、ラップをして放置します。
 しばらくたった後、ブラシやたわしでこすると、きれいに落ちます。

・拭き掃除には、柔軟剤をプラス。
バケツ1杯の水にキャップ1杯の柔軟剤を加え、拭き掃除の水に使います。
 ほこりが付きにくくなると共に、汚れにくくなります。
 柔軟剤入りの水を、カーペットにスプレーすると、汚れがおちやすくなります。

これらの裏技は、大掃除の時だけでなく、普段から行うようにすると、
大掃除を簡単に済ませることができます。
大掃除の真の裏技は、汚れを見つけたら、掃除をすることなんでしょうね。
[PR]
by ebos8 | 2010-12-12 14:01 | 方法

夏に大掃除をする

大掃除と言うと、年末とお思いの方も多いことでしょう。
でも、大掃除に、一番おすすめの季節は『夏』なんです。

年末に大掃除をするのは、新年を迎えるためと言う理由があるのですが、
実際に掃除をしてみると、水は冷たいし、汚れは硬くて取りにくいし、
なかなか大変なことも多いのです。

ところが、夏ならば、水は冷たくて気持ちがいいし、気温が高いので、
汚れも緩みやすいし、洗濯物も乾きやすい♪

午後から洗濯を干しても、しっかり乾くし、1日で大掃除を終わらせるためには、
とてもいい条件がそろっているのです。
夏に大掃除をするメリットとデメリットを考えて見ましょう

【メリット】
・水が冷たくない、または冷たくても気持ちよく感じる。
・気温が高いので、汚れが硬くなっていない。
・日が長いので、朝の洗濯が乾いてから、また洗濯を干すことができる。
・日が長いので、夕方まで、しっかり掃除の時間が取れ、1日で大掃除を終えやすい。

【デメリット】
・暑いので、室内で掃除をするのは、大変。
・冷房機器を使用中なので、冷房機器だけ掃除ができない。
・汗だくになってしまう。

さて、夏の大掃除、メリットを感じましたか、デメリットを感じましたか。

暑さ寒さに対する感覚は、人それぞれなので、メリットを感じる方も多いでしょうが、
汗だくになる、熱いなどのデメリットを感じる方も多いでしょう。

新年を迎えるために、家をきれいにするということにこだわらない方は、
夏の大掃除を選ぶと、掃除そのものが、やりやすいかもしれませんね。
反対に、暑さが苦手な方には、年末の大掃除がいいかもしれません。
[PR]
by ebos8 | 2010-11-19 23:25 | 方法

重曹利用のススメ

大掃除の時、どれくらい、洗剤の種類を用意しますか?

お風呂用洗剤、カビ取り、トイレ用洗剤、トイレ漂白剤、ガラスクリーナー、
フローリングクリーナー、パイプ用洗剤、室内用洗剤など、
いくつもの洗剤を用意して、大掃除に臨む方も多いのではないでしょうか。

たくさんの洗剤は、収納場所も必要になります。
でも、重曹、セスキ、酸素系漂白剤、炭酸塩、クエン酸(酢)などを
適材適所で使うことで、家中全ての掃除、洗濯、洗い物ができちゃうんです。

中でも、重曹とクエン酸(酢)を掃除に利用する方法が、よく知られていますね。

重曹は、弱アルカリ性で、油脂をある程度、乳化させたり、たんぱく質をある程度
分解させたりすることができます。

また、水に溶けにくいので、研磨剤(クレンザー)として利用することもできます。
しかし、アルカリ度が高いわけではないため、ギトギトの油汚れやカチカチになった
白い水垢などを掃除するのは苦手です。

クエン酸は、お酢でも代用できますが、酢のにおいが気になる方には、
クエン酸の方がおすすめです。

クエン酸は酸性ですから、水垢を落としたり、トイレの掃除に役立ちます。
また、重曹とクエン酸をあわせ、水分を加えて出た泡を利用して
、ひどい汚れを落とすこともできます。

重曹とクエン酸、そして石鹸は、エコな掃除の代名詞ともなっていますが、
適材適所で使うことで、家の中の洗剤の種類を減らしてくれるアイテムでもあるのです。

今年の大掃除では、まず、重曹とクエン酸を使って、ひどい汚れを退治しちゃいましょう。
[PR]
by ebos8 | 2010-11-18 23:37 | 方法

簡単な大掃除

掃除が嫌い、時間がないなどで、どうしても簡単に大掃除を済ませたい方のために、
簡単にできて、大掃除をした【気分】になって、きれいに見える方法を考えてみましょう。

もちろん、時間ができたときには、きちんと掃除をしてくださいね。

年末年始、来客などで人目につきやすい場所を中心に、掃除をしましょう。
人目につきやすい場所だけでも、きれいになっていると、気分的にもスッキリします。
玄関、トイレ、リビングが、優先的に掃除をしなければならない場所ですね。

玄関は、掃き掃除をして、雑巾がけが必要な部分には、雑巾がけをします。
靴は、必要なだけ出して、後は下駄箱へ。

トイレは、狭い空間ですから、汚れも目に付きやすくなります。
できるだけ、しっかり掃除をしましょう。

トイレ掃除のコツは、白い部分は白くなるように掃除をし、拭き掃除は
酸性の洗剤ですることです。

トイレは、床や壁に尿の飛沫が付くことで、においがしたり、汚れの原因になったりします。
尿はアルカリ性ですから、中和させるためには、酸性の洗剤がちょうどいいのです。

どの洗剤が酸性化アルカリ性かわからないと言う方は、お酢を薄めたもの
を利用するといいでしょう。

リビングは、まず、天井。
ほこりを取り、照明のカバーをしっかり拭きます。

そして、電球を取り替えると、部屋が明るく見えるようになります。
さらに、収納場所に片付けられていないものは、きちんと片付け、
片付け場所が決まっていないものが多ければ、シンプルな箱を用意して、
そこに放り込んでしまいます。

汚れ落としは、とりあえず、気になるところだけやってしまいましょう。
最後に、レースのカーテンを、しっかり洗濯し、真っ白な状態に戻します。

明るくなった照明と、白くなったレースのカーテンが、お部屋をすっきりと
きれいに見せてくれるでしょう。

見渡せる範囲に、物が出しっぱなしになっていたり、積み上がったりしていなければ、
大丈夫です。

家の中をきれいにするには、簡単な方法はありませんが、どうしても、と言う場合は、
人目につきやすい場所だけ、きれいにすることで、簡単な大掃除としてしまい、
あとは新年になってから、ゆっくり掃除をするのも、ひとつの考え方かもしれませんね。
[PR]
by ebos8 | 2010-11-17 22:58 | 方法