大掃除の手順やスケジュール、やり方、裏技などを紹介


by ebos8

大掃除の手順とスケジュール

毎年、11月くらいになると、年末年始に向けた準備が始まります。
例えば、年賀状の販売が始まったり、クリスマス商戦が始まったり
と、誰もが年末年始を意識するようになる時期なのです。

年末年始を意識するようになると、思い出されるのが「大掃除」。
『今年こそ、きちんと大掃除しよう』なんて声が聞かれるのも、
11月くらいからですね。

年内にしっかり大掃除を終えて、達成感とすがすがしい気分で、
新年を迎えるためには、ちょっとしたコツがあります。

それは、手順とスケジュールの確認です。
大掃除では、効率が良く掃除ができる手順と、年内に終えるための

スケジュールが大切です。
もちろん、計画倒れにならないように、実行する【やる気】も
大切なんですけどね。

年末年始は、何かと忙しく、大掃除が後回しになってしまう
ことも多いようです。

大掃除のために、1日用意するとしても、その1日で終わるように
するには、下準備をしておくことも必要です。

下準備は、コツコツ行っても大丈夫なことですから、自分や家族の用事と
空いている時間のスケジュール調整をして、こまめに行っていきましょう。

大掃除の下準備は、捨てるものと残すものを分け、捨てるものは
捨てておくことです。
また、大掃除で使う道具、洗剤を買い足しておくことも忘れずに。

楽天で掃除用具の売れ筋ランキングを見てみる
きっと大掃除に役立つ掃除グッズが見つかりますよ♪

さて、大掃除を行う時には、まず一番最初に、ほこりを落とします。
天井から床に向かって行っていきましょう。

家中のほこりを落とし、ゴミを取り除いたら、漬け置きが必要になったり、
乾燥が必要になったりすることからはじめます。

例えば、油汚れがひどい五徳や換気扇の漬け置き、
フローリングワックスの乾燥などがありますね。

漬け置きしたり、乾燥させたりしている間は、
他の部屋の掃除をするなどして、時間を効率的に使いましょう。

一般的に大掃除と言うと、『今日は大掃除の日』と言った感じで、
家族総出で、1日中掃除をするイメージがありますが、
実際には、下準備の日を数日取って、キッチン、風呂、洗面所、
トイレ、窓ガラス、フローリングなどのように場所ごとに
大掃除をする日を決めて行うことが多いようです。

スケジュールを決めて行うことで、無理なく大掃除を行うことが
できるのでしょう。

今年こそは大掃除をきちんとしようと思っている方は、
まず、自分のスケジュールとにらめっこして、
何日に、どの掃除をするといいのか、ゴミ捨ての日などとも絡めて、
よく考えてみるといいでしょう。
[PR]
by ebos8 | 2010-12-26 22:27 | 方法